FC2ブログ

この手はきっと誰かのために…

自分の好きなこと、綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

この曲、タイトルにもあるとおり「罪と罰」という曲です。
この曲を聴いて皆さんはどのような解釈をするのでしょうか。
もちろん、解釈、考え方というものは考える人の数だけあるものです。
追記にてこの曲の自分の解釈を・・・

では個人的な解釈を・・・


この曲は家族や恋人、その中の二人のお話じゃないかと思います。
ここでは恋人として考えます。
まず恋人のうち、少女が事故に遭い、意識がない状態になってしまう。
少年は言う、

【もしも君に耳があったら この歌を聴かせてあげられるのに
もしも君に心があったら この好きで包んであげられるのに】

だけど少女は答えることもなく、笑いかけてもくれない、少年は絶望する。

【ねえ、嫌いになるなら僕を殺して 君に愛されない僕なんかいらない
 どこにもいないいないいない ばぁ】
だから嫌いになる(死ぬ)から僕を殺して、となり

医者はもしも、もしかしたら意識が元に戻るかもしれないと少年に告げる。
少年は考える、そして決意をする、「自分の体」を少女に捧げる、と。
【もしもなんてどこにもなくて きっと用意されてなんかない
「どうしよう」+「こうしよう」+「そうしよう」=心中会議
とは聞こえの良い自己淘汰でもしょうがないのさ こうでもしないと君は僕を 見ない】

僕が君に嫌いになれば(死ねば)君は僕のことを見てくれる(愛してくれる)
【ねえ、嫌いになるから僕を愛して 君に愛されたい僕はいないから
 どこにもいないよ ねえ痛いよ】

ここは少年の決意かな
【もしも君に耳があったら この歌を聴かせてあげられる
もしも君に心があったら この好きで包んであげられる】

手術は成功し、少女は体の自由を取り戻す。
しかし、そこにもう少年の姿はない。
自分のために死んでしまった少年をみて少女は、
【キミの耳なんていらない、キミの心だっていらない】
と嘆く。

【キミがそうやって苦しんでる顔が見れたらいいよ】
これは少年の気持ちだと思う。
少女が苦しみながら生きていてくれて、
自分のことをちゃんと見てくれた、応えてくれた、愛してくれたから
僕はいいよ、と。



そんな解釈です。
ほんとに個人的な解釈なのでこうなんじゃない?
といういけんがある方は是非コメントをお願いします。
スポンサーサイト

会長・・・・

くさいよ・・

2010.07.22 23:09 URL | Jん #BH06iyOE [ 編集 ]

はじめまして

自分は2回目の「もしも君に……」
のところは



もしも君が手術に成功して体を取り戻したら
心がなかったキミには僕の心が使われるんだから
キミに僕の心の中にあるキミが好きって気持ちを
僕の心から感じて貰える(好きで包んであげられる)
耳も同様。




って意味で解釈しました

どちらが正しいとかは
ないですけど
どちらにせよ、いい歌ですよね


個人的には
二息歩行の解釈がみたいです(笑)

2011.01.22 23:00 URL | なお #- [ 編集 ]

なおさん初めましてです。

閲覧、コメントありがとうございます…!

解釈意見うれしいです。
なるほど、そうも考える事が出来ますね!
なおさんの解釈を聞いてまた自分の解釈も変わっていく、こういうの考えるの楽しいですよね。

いい歌ですよね!

二足歩行ですか、まだ解釈、というよりは普通に聞いているだけなので解釈が自分の中で固まったら記事にしたいと思います!

2011.01.22 23:21 URL | 幻想 烈火 #lVjAIwTo [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://angelchronicle.blog72.fc2.com/tb.php/32-730dacf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。